『ねほぱほ』ナンパ師が3度目の登場 独特すぎる「引退理由」に爆笑

『ねほりんぱほりん』(NHK)にこれまで出演したゲストらが登場。ナンパ教室に通う男がナンパを引退した理由を暴露。

エンタメ

2018/03/15 13:00

(oneinchpunch/iStock/Thinkstock)

14日放送の『ねほりんぱほりん』(NHK)に、これまで番組に出演したゲストらが再び登場。

元薬物中毒者、整形する女、養子の少年などがその後の生活を語るなか、ナンパ教室に通う男が3度目の番組出演を果たし、驚愕の体験や現在の生活ぶりを明かした。



 

■ナンパ師を引退!?

ナンパ教室に通う男・タカノリさんは、これまで3万人の女性に声をかけ、両親の死をきっかけに「結婚を視野に入れた活動をしていく」と語っていたが、ついに「ナンパを引退」したという。

なお、引退した理由は、本人いわく「地球温暖化の影響」と「加齢」。タカノリさんはある時、ナンパした女性の家を訪問したところ、マルチ商法に引っかかってしまったのだ。

「ナンパ師としての勘が鈍ってきた、潮時と思える出来事」だったとか。そんなタカノリさんは最近、知人から紹介された女性と入籍。

「明日には誰かに奪われてしまう」と思いプロポーズを決意したが、もし断られたらナンパ教室の「終身コース」に申し込んで一生路上で生きていく覚悟をしていたという。


関連記事:加藤浩次が絶賛 西野未姫のナンパ待ちファッションに「声をかけやすい」

 

■引退した理由に爆笑

若いころは、暑くても寒くても平気でナンパしていたというタカノリさん。現在は、汗をかけば体力を消耗し、寒いと呂律が回らなくなるため、「地球温暖化の影響」を理由にナンパ師を辞めている。

ネットでは、あまりにも独特な理由に爆笑する人が続出。

https://twitter.com/lak0saan/status/973922810677534720


■ナンパされたい人は少数派?

しらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の女性670名を対象に「ナンパしてほしいと思う時があるか」を調査。

すると、30代が18.0%と最も多く、次いで多かったのが20代の15.0%という結果に。どの年代でも低い割合なのは、そもそも知らない人に話しかけられたくない、ナンパは迷惑…と思う人が少なくないからだろう。

なお、『ねほりんぱほりん』は今回の放送で最終回。シーズン3の放送や最新情報を、心待ちにしたい。

・合わせて読みたい→金子恵美元議員、夫の宮崎謙介より別の議員が好きだった 「最初はコイツ頭おかしいなって…」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年1月22日〜2016年1月25日
対象:全国20代〜60代の女性670名

この記事の画像(2枚)