社会人としてどうなの? 女子がドン引きした「オジさんの髪型」3選

若いときには許されていた髪型も、大人になると白い目で見られることもあるようだ。

(kimberrywood/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

髪型には清潔感が現れるともいわれる。度がすぎた髪型は、時として人に不快感を与えるケースもあるのかもしれない。

しらべぇ取材班は、人々に「オジさんの許せなかったヘアスタイル」を調査してみた。


 

①金髪

「大学時代にバイトした会社の社長が50代後半なのに金髪ヘア。社長だから周りも気を遣って褒めていましたが、こんな勘違いな人が社長なんて恥ずかしかった。


また日々の行動も若者言葉で喋ったり、クラブ大好きだったりと、大人になりきれていない人で、最終的には会社も倒産して終わっていました」(20代・女性)


関連記事:ヒドイ! 髪型のイメチェンに失敗した時に周囲にされた不快行動3選

 

②長髪

「昔の木村拓哉に憧れて、髪の毛が薄くなっているのに長髪にしている40代後半の男性がいて、自分で『キムタクみたいだろう』と言っていました。


いつの時代のキムタクだよ…という気分だし、裏では女の子たちから『落ち武者みたい』、『長い髪を見ていると気持ち悪くて一緒にご飯食べたくない』と不潔扱いされていた」(30代・男性)

次ページ
③若い子の流行り

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ