どんな理由が? 「学校が嫌いで不登校になった人のエピソード」3選

学校が嫌いになる理由とは…?

 

③授業に耐えられなかった

「小学生のときから約1時間の授業に耐えられませんでした。だからといって走り回ったり騒いだりしたわけではないけれど、子供ながらに苦痛で、いつからか休むことが増えましたね。


きちんと調べてはいませんが、大人になってから発達障害というのを知って、『自分はそれだったのかな…』と思いました」(30代・男性)


関連記事:「もっと勉強ができたなら」と高2男子が踏切内で自殺か 「夏休み明けの憂鬱」に警鐘も

 

■学校が苦手だった人はどれくらい?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代男女を対象1,363名を対象に調査を実施したところ、「子供の頃、学校が嫌いだった」と答えた人の割合は43.5%。

学校嫌い


子供が学校へ行きたがらないのは、なにかしらの原因があるもの。無理に行かせる前に、理由を聞いたほうがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→学校トラブルに弁護士が手助け「スクールロイヤー」本格化 いじめ予防「出前授業」も

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1363名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ