元天才演歌少女・さくらまや、パチンコにハマる 発言が「椿鬼奴と一緒」と判明

『有田哲平の夢なら醒めないで』で天才演歌少女と呼ばれたさくらまやが、驚きの私生活を明かした…

エンタメ

2019/03/06 11:00

さくらまや

「平成元人気子役の嘆きSP」と題して5日深夜に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)。

10歳で最年少演歌歌手としてデビュー、レコード大賞新人賞も受賞した「平成の美空ひばり」、さくらまや(20)が登場。女子大生になったさくらの驚きの私生活が明かされた。



 

■良い子イメージに疲れ

さくらは現在、日本大学法学部に通う20歳の女子大生。「昨日お酒飲んじゃったけど、収録あるから2日酔いになりたくなくて…」とメイク室で語るなど、大人になった素顔をのぞかせる。

プロフィールが子役時代から変わっておらず、「夢は『紅白歌合戦』でひいおばあちゃん見てますかって手を振ること」と書かれているが、それはあくまでも事務所の方針。

「仕事はサラリーマン気分、上に言われてやる。こんな感じにしてって言われたことを書いている」と明かし、良い子のイメージに疲れたことを吐露した。


関連記事:ひな祭りの「おだいり様」「おひな様」って誰? チコちゃんが解説した誤解の理由に騒然

 

■パチンコにハマる

「仕事を適度にやってお給料もらって、一生暮らしていければ万歳」「恋愛は時間のムダ」とクールかつどこか闇を感じる発言を連発するさくら。

流れで「昔、パチンコにハマった」ことも告白。18歳当時、パチンコ番組をやりたかったが「20歳になるまで待って」と事務所に止められたと明かし、「パチンコは何でもやった。海(物語)とか」とパチンコファンらしい発言が飛び出す。

これに周囲から「海物語を海っていうのは、(芸人界屈指のパチンコファンとして知られる)椿鬼奴と一緒」とツッコミが入った。

次ページ
■闇深いさくらに…