4月からはじまる「働き方改革」にマツコ呆れ 「表に出さない無賃労働が増えるだけ」

『5時に夢中!』で4月から施行される「働き方改革」に対してマツコ・デラックスが苦言を呈した…

 

■視聴者は「変わらない」

ちなみに番組のアンケート結果では、「変わる」が2748ポイント、「変わらない」が8949ポイントで、視聴者の多くは「働き方改革をしても自身の労働環境は変わらない」と回答していた。


 

■「持ち帰り残業」の増加

しらべぇ編集部で全国20〜60代有職者の男女633名を対象に調査したところ、全体の28.1%が「仕事を持ち帰って、家ですることがある」と回答している。

持ち帰り残業年代別グラフ

残業時間の上限が設けられたことで、家に持ち帰り残業する人が増える可能性は高い。そうなれば、労働環境は改善されたと言えるのだろうか。

表向きの数字では「残業が減った」となるかもしれないが、数字だけでは測れない苦労を、勤め人は背負うことになりそうだ。

・合わせて読みたい→中学教諭が長時間労働で過労死 教師の労働環境や部活のあり方に疑問の声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代有職者の男女633名(有効回答数)

あなたにオススメ