指原莉乃、生放送で流れた14歳当時の姿に衝撃 「放送禁止じゃなかったの?」

『ゆく時代くる時代』指原莉乃のAKB48オーディション映像に「これはやばい」と爆笑の声があがる。

指原莉乃

30日放送の『ゆく時代くる時代~平成最後の日スペシャル〜』(NHK)にタレントの指原莉乃が出演。AKB48時代のオーディション映像が放送され、話題になっている。


 

■14歳の姿に驚き

番組では、「平成まるごと大年表」と題して平成で話題になった出来事について特集。そのなかで、平成20年にAKB48に入った指原のオーディション映像が放送される。

当時14歳の自分の姿を見て指原は、「プール入ってきたんかっていうくらい前髪濡れてるんですよね」と自虐。爆笑問題の太田光も「これはひどい」とバッサリ切り捨てる。


関連記事:中居正広、SMAP時代の話を暴露される 「目が死んでる」とファン衝撃

 

■合格理由は「自分でもよくわからない」

さらに指原は、オーディションのときにいたスタッフについて「めちゃくちゃ真顔なんですよじつは。誰も笑ってない」と話し、自分が合格した理由についても「なんで受かったのか自分でもよくわからない」と振り返る。

スタッフからも理由は告げられなかったようで、「AKB48ってスタッフが1人でもいいって言えば入れるんですよ。1票でもあれば。誰かが私に1票入れてくれたと思うんですけど…。でも秋元(康)さんは『俺じゃない』って言ってました」と笑いを誘った。

次ページ
■ネットの反応は…

あなたにオススメ