デーブ・スペクター、解雇されたカラテカ入江にゲキ 「吉本の力で出てること自覚せよ」

事務所に無断で営業をしていたとして吉本興業を解雇された入江慎也。デーブ・スペクターがゲキを飛ばした。

所属事務所の吉本興業の許可を得ずに、無断で詐欺グループのパーティーに参加するなどして事務所から解雇されたカラテカ・入江慎也。

7日、コメンテーターのデーブ・スペクターがツイッターを更新し、入江に対しゲキを飛ばした。


 

■「吉本の力で出ていることを自覚せよ」

同日、「吉本のタレント解雇だけど闇営業以前に天才漫才師ならともかく基本的に吉本の力やバーターで出てる事をもっと自覚せよ」とツイート。明言はしていないが、入江の解雇問題を言及しているのは明らか。

続けて、「怪しい依頼者かどうか調べられないのか? スマホお持ちですか? いらないタレントの押し付けに辟易してる視聴者やテレビ局に余計にひく理由を与える事の責任を持て」と業界全体の問題であるかのような意見も述べている。


 

■「正論」と共感集まる

コメンテーターとして、入江の解雇について「吉本の力で出てることを自覚せよ」とズバリと言い放った彼の発言に、ネット上では続々と共感の声が寄せられている。

「ごもっとも!正論です」


「よし、もっと言え!」


「デーブさん、今回は厳しいっすね」


■デーブには説得力がある?

しらべぇ編集部では、デーブ・スペクターを知っている全国の20代~60代の男女1,106名に「コメントに説得力があると思う」かどうか調査を実施。

結果、「そう思う」は5.1%にとどまったが、「理解はできる」は42.4%。これらを合わせた、コメントに説得力があると考えている人は47.5%におよんでいる。

デーブ・スペクターのコメントには説得力がある?

入江解雇をめぐっては、7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次も「5,000人の友だちの中に『よくわかんない人いました』っていうのは入江が甘かった」と指摘。芸能人同士でも擁護できない状況が続いている。今後の動向に関心が向けられていくことだろう。

・合わせて読みたい→デーブ・スペクター、ピエール瀧容疑者逮捕に言及 視聴者からは納得の声が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代のデーブ・スペクターを知っている人1,106名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ