太田光、宮迫博之の闇営業での行動に「歌手気取りで金もらうな、ネタやれよ」と激怒し賛否両論

闇営業問題で揺れるお笑い界。太田光が私見

エンタメ

2019/06/30 15:00

太田光

30日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、太田光が闇営業問題で謹慎処分を受けた雨上がり決死隊・宮迫博之を猛批判した。


 

■「無期限謹慎処分」処分に苦言

太田光は闇営業で無期限謹慎処分を受けたスリムクラブについて、「無期限活動停止して、舞台にも立てない、収入もない。芸人再教育っていうけど何ができ上がるのか」とコメントする。

さらに復帰前提で話を進めるのはおかしいと話す西川史子に対し、

「芸人なんてどこ行ったってダメだからなったわけで、そこの場所まで奪われたらどうしようもないですよ」

と吉本興業の処分に苦言を呈す。さらにホテルが場所を提供している以上、「芸人が反社会的勢力と見抜くのは難しい」と、処分を受けた芸人に同情的な見方を示した。


関連記事:爆笑問題・太田、宮迫らの闇営業騒動に苦言 「金もらうんだったらネタをやれ」

 

■宮迫の行動を批判

続けて太田は反社勢力主催のパーティに参加した宮迫博之について、

「俺が気に入らないのは、宮迫があそこで歌を唄っていたことなんですよ。ネタやれよって話なんですよ」

と怒りをぶつける。さらに、

「芸人って一番傷つくのが、ほかの芸人から馬鹿にされることなのね。営業先で歌唄ってたりなんかしたら、『あいつ馬鹿じゃない』って言われるわけ。


そういうプロ意識があるやつっていうのは、来ただけで歌唄っただけでギャラ払いますよっていわれたら、『冗談じゃねえよ』って。俺らの商売道具はネタだからって話になるわけ。そういうのは断るんですよ」

と宮迫の芸人としてのプロ意識の低さを指摘した。

次ページ
■宮迫博之は「中途半端」

あなたにオススメ