長嶋一茂、普及するスマホ決済に猛反論 「やましいことは現金で」

『ザワつく金曜日』で長嶋一茂、高嶋ちさ子らがスマホ決済について持論を展開した…

エンタメ

2019/07/20 13:00

 

◼現金派・一茂の主張に…

クレジットカードの明細は家族に見せないという一茂だが、「別にやましいことはない」と必死に抵抗。最終的に「やましいことは現金でいい」と開き直り、「だからキャッシュレス時代は来ないんだよ」と結論づけた。

一茂らの主張に視聴者も反応。さまざまな意見が寄せられている。


関連記事:おぎやはぎ小木、「現金支払い派」に苦言 その理由に称賛の声

 

◼キャッシュレス派は少数?

以前、しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、全体の27.7%が「支払いはキャッシュレス派」と回答している。

支払い

18年末には、QRコード決済サービスPayPayが「100億円あげちゃう」キャンペーンを実施。キャッシュレスの普及に一役買ったこともあり、調査時よりさらにキャッシュレス化は進んでいると考えられる。

それでも一茂のいうように現金主義を貫く人も少なくない。日本が完全なキャッシュレス社会になるためには、まだまだ課題が山積みのようだ。

・合わせて読みたい→キャッシュレス決済に無関心すぎる部下 その理由に「賢い」の声も

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)