長嶋一茂、普及するスマホ決済に猛反論 「やましいことは現金で」

『ザワつく金曜日』で長嶋一茂、高嶋ちさ子らがスマホ決済について持論を展開した…

エンタメ

2019/07/20 13:00

長嶋一茂

キャッシュレス先進国・中国ではホームレスの物乞いまでスマホ決済。その利用率は実に98.3%にのぼるという。

19日放送『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)では、日本でも普及しているスマホ決済、キャッシュレス社会について長嶋一茂、高嶋ちさ子らが持論を展開し、大きな話題となっている。


 

◼キャッシュレスの普及

飲食店やコンビニはもちろん、人力車やお寺のお賽銭、ご祝儀やお年玉までスマホ決済で済ませられるようになり、キャッシュレス化が進んでいる昨今。

ちさ子は子供のレッスン代や謝礼でピン札を用意すると明かし「(キャッシュレスは)楽だと思うけど味気ない」と語る。

一茂は「お年玉はポチ袋で包んで渡す」と例を出し、現金を見せない奥ゆかしさも日本人の美徳だと主張しキャッシュレスにも一定の理解を示す。しかし「袋に一筆書く人もいる。お金プラスアルファで真心も入っている。それがなくなるのは寂しい」とちさ子にも共感した。


関連記事:現金派よりキャッシュレス派のほうが貯金ができる? 林先生の解説がネットで話題

 

◼日本人には向かない?

それでも実際、ちさ子はスマホ決済を利用しておりその便利さを理解しているが、一茂と石原良純はいまだ利用していない。

クレジットカードのように「一時的に借金する」わけではないのでキャッシュレスに「使いすぎる」などの危険性はないと理解しながらも、一茂は「日本人は貯蓄民族。現金を見ていないと落ち着かない」と反論。

「現物があってはじめてお金の尊さがわかる。現金への興味が薄れるとこれからお金を儲けようとする人が少なくなる」と警鐘を鳴らした。

次ページ
◼現金派・一茂の主張に…

あなたにオススメ