岡田准一、ビクトルスローを高校生に伝授 「やっぱり変な人」と拍手喝采

『V6の愛なんだ2019年』の中で、岡田准一が見せたマニアックな格闘技のワザに注目が集まった。

エンタメ

2019/09/24 19:00

(PointImages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

23日、『V6の愛なんだ2019年 年に一度の学生の祭典、開幕! 今年もやります未成年の主張』(TBS系)が放送。

番組の中で、V6の岡田准一が高校生相手に見せたマニアックな格闘技のワザに注目が集まった。


 

■アクション映画を撮影

岡田と三宅健が訪れたのは、全国でも珍しいアトラクション部。特撮などのキャラクターショーを文化祭で披露する部活なのだが、年々男子部員の数が減っていき、ついには1年生の男子部員がいなくなってしまったそうだ。

部活動存続のため、部員たちが取り組みたいにはアクション映画を撮って、男子部員の数を増やしたいのだという。


関連記事:実写『銀魂』桂小太郎役・岡田将生が「美しすぎる」とファン絶賛

 

■ビクトルスローを実演

そして、アクション俳優として実績十分の岡田が直接指導することに。岡田はアクションの基礎として、ボディコントロール、相手との距離感、カメラ映りの重要性について、真剣な表情で解説した。

その流れの中で、岡田は「ビクトル古賀先生という方が作りました」と、ビクトルスローを実演。足を股の間に掛けながら、左肩を地面に着け、足関節と腕の関節を取る技をしてみせた。

次ページ
■ネットでは「やっぱり変な人」と歓喜

この記事の画像(2枚)