錦織圭、睡眠へのこだわりを明かす 「明るい部屋はちょっとわからない」

「エアウィーブ 未来寝具コンセプト発表会」に錦織圭と松岡修造が登場。睡眠へのこだわりを明かした。

錦織圭、松岡修造

24日「エアウィーブ 未来寝具コンセプト発表会」が開かれ、ゲストとしてスポーツキャスターの松岡修造とテニスプレイヤーの錦織圭が登場。睡眠の大切さと寝具の関わりについてアピールした。


画像をもっと見る

 

■肘の怪我は…

昨日帰国したばかりで「まだ時差ぼけが…」と話す錦織に対し、松岡は「錦織圭選手と出ると、こうなる(取材が多い)んですね〜」と目を丸くする。

錦織圭、松岡修造

松岡は「気持ちはそっち側(取材陣)だから。肘、どうなの? ケガどう?」といきなり質問。

錦織は「そんなに悪くない。2〜3ヶ月痛みがありながらプレイしていたので、ここで一回しっかり治そうと。ドクターには、2、3週間はテニスしないほうがいいと言われている。我慢しながらやっていたんですけど、今治さないといけない」と答え、「オリンピックが1年後に迫っているので、そのためでもあります」ときっぱり。

それを聞いて「安心した」と話す松岡は、「僕は2020オリンピックの応援団長をさせてもらっている。もう一度メダルに対して向かっていく、強い錦織圭を見せて欲しい」とエールを送る。


関連記事:松岡修造が寿司のこだわりを熱弁し坂上忍もドン引き 「もう病気だよ」

 

■ベランダで!?

エアウィーヴは、錦織も出場を目指す東京2020大会の選手村に、オリンピックは18,000ベッド、パラリンピックは8000ベッドを提供することを発表。

錦織圭、松岡修造

過去の選手村はなかなか睡眠環境が悪かったそうで、松岡は「僕3回出まして、柔らかいとマットだけ下に置いて、そこで寝ることも」と振り返る。

さらに「(ある選手村は)7人部屋だったんです。じゃんけんで負けた人はベランダで寝る。そしたら、伊達(公子)が負けたんですよ…」と明かし、錦織も驚く。


■ちょっとわかんないです

そんな錦織は寝ることが大好きで連続13時間以上寝たこともあるといい、「車や飛行機など、どこでも寝られるタイプの人間」だという。

錦織圭

それでも眠れない夜は「しりとりをしていつの間にか寝てるパターンが多い。自分でルール決めて…3文字なり4文字なり縛って」と意外な方法を告白。

さらに「眠る時、部屋が真っ暗じゃないと嫌。明るい部屋とか、テレビをつけたまま寝る人はちょっとわかんないです」と言い始め、笑わせた。

・合わせて読みたい→松岡茉優、ヘアメイク中のおでこに注目集まる 「イタズラ書きかと…」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(9枚)