渡部建、番組でバカリズムに不快感あらわ 「酷い」「楽しくない」

先輩であるアンジャッシュ・渡部建を大胆にイジってしまったバカリズム。失礼な発言を謝罪するも…

エンタメ

2019/10/07 16:00

渡部建

6日放送の日本テレビ系特番『DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくり』に、アンジャッシュの渡部建が出演。後輩であるお笑いタレント・バカリズムの発言に不快感を示す一幕があった。


 

■バカリズムの発言に怒り?

バカリズムは、以前同番組に出演した際、先輩である渡部を過度にイジってしまい、そのことを渡部が怒っているのではないかと打ち明ける。

問題があったとされるやり取りは、バカリズムが「アンジャッシュ」のコンビ名の由来が「喜怒哀楽を英語にして(JOY・ANGRY・SAD・HAPPY)頭文字を取ったのを掛け合わせてジャッシュ」であると説明。

そのうえで「そんなスカした芸名付ける人が人の告知手伝うわけない」「人のご飯食べてジャッシュ振りまいて」などと、渡部の芸風が大きく変わったことをイジった、というものだった。


関連記事:佐々木希出演でアンジャ渡部『行列』欠席へ 東野宮迫のイジリに期待の声

 

■その後も「楽しくない」

番組は盛り上がったものの先輩に失礼なことを言ってしまったため、収録後すぐに渡部のもとへ行ったというバカリズム。しかし、渡部からは「感情の分からない顔、ジャッシュのない顔で手をギュッてやられた」「4:6で怒っているような」感じを受けたという。

このことに、渡部は「言われました前回、酷いよ」と回顧しつつ、「いろんな思いのギュッですよ。捉え方あってる」と打ち明ける。

バカリズムがすかさず「オールジャッシュのギュですか?」とツッコミを入れると、「ジャッシュって言葉使うの全員禁止してくれよ、楽しくない」と不快感をあらわにした。


■「ジャッシュイジり」再び大ウケ

バカリズムのイジり方に不快感をあらわにした渡部だったが、今回の放送でも「ジャッシュイジり」に、視聴者から多くの反響が。また、改めてコンビ名の由来に感嘆の声もあがっている。

大胆なイジり方ができるのは、その人へのリスペクトがあるからこそ。2人の関係が修復できると良いのだが…。

・合わせて読みたい→バナナマン・設楽が浴槽で取った行動に衝撃 「ヤバいやつじゃん」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい