TKO木本、誹謗中傷で命の危険を覚えた過去 看護師が駆けつける事態に

『Abema的ニュースショー』TKO・木本武宏、ネット上のコメントで命の危険をおぼえた過去を告白した。

エンタメ

2019/10/21 17:00

TKO・木本武宏

20日放送の『Abema的ニュースショー』(AbemaTV)にお笑いコンビ・TKOの木本武宏が出演。ネット上の誹謗中傷に命の危険を感じたことを明かした。



 

■肺炎で入院したとき…

番組では、ネットの誹謗中傷コメントについて特集。コメントを求められた木本は、「お前は面白くないねん」といった書き込みであれば「仕方ない」と我慢できるとしながらも、中には一線を越えた書き込みを見てしまうこともあるという。

木本が好酸球性肺炎で入院し、そのことがネットニュースで報じられた際、「早く良くなってください」というコメントに対して、いわゆる「バッドマーク」とも言われる否定的なマークが共感の声よりも上回っているのを見てしまう。木本は「『そう思わない』って人がこれだけおるんや!」と驚いたようだ。


関連記事:ダレノガレ明美、悪質コメントに強気な発言 「何年炎上してると…」

 

■「死ねばいいのに」

さらに、コメント欄を見ていると「そのまま死ねばいいのに」との声もあり、そのコメントにたくさんの共感が寄せられていたという。

ショックを受けた木本は「さすがに酸素量が少なくなってナースが飛んできましたもんね。だから、あれはちょっと身に危険を感じたんですよ」と明かした。


■SNSに悪口を書き込んだことがある人は…

悪口を書き込む側はほんの軽い気持ちかもしれないが、その言葉を受け取る側はショックを受けている場合が多い。

「ネット上の悪口」についてはこのような調査がある。しらべぇ編集部が全国10〜60代のSNSユーザー男女895名を対象に調査したところ、全体の16.5%が「SNSに悪口を書き込んだことがある」と回答している。少数派ではあるものの、全体で見ればかなりの人数になる計算だ。

SNS悪口

誹謗中傷をする人の中には、「そんなつもりじゃなかった」「表現の自由だ」などと事態を軽く見る人も少なくない。もしも悪口を書き込みそうになったら、「自分がそのような言葉を書き込まれていたらどう思うだろうか」と考え、踏みとどまってほしい。

・合わせて読みたい→小柳ルミ子、2度の自殺未遂をブログで告白 「死に切れず…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)