妊娠悪阻で仕事を休んだ女性 復帰後の「自分のデスク」を見て絶望…

妊娠悪阻のため、診断書をもらい仕事を休んでいたという投稿者の女性。しかし、職場に復帰してみると…

話題

2019/12/21 16:00

下腹部を押さえる女性
(ake1150sb/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

妊娠した女性が、職場で妊娠を理由に嫌がらせを受けるといった事案が後をたたない。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』に、そうしたマタニティ・ハラスメントに関する相談が寄せられ、投稿者の女性が置かれているあまりにも酷い状況が、波紋を広げている。



 

■妊娠悪阻で仕事を休んだら…

投稿者は、「妊娠悪阻」という激しい吐き気や嘔吐など、一般的なつわりの症状よりもさらに酷い状態に陥ってしまい、診断書を貰って仕事を休んでいた。

ようやく症状が回復し、職場に向かうと、そこには投稿者の席はなく、仕事もなくなってしまっていたという。デスクがないため、毎日車の中で昼食を取る生活で、上司に相談するも状況は変わらず。

こうした状況に、投稿者は「迷惑をかけている自覚はあるので、声高にマタハラと訴えることもはばかられます」「毎日つらいです」と、苦しい胸の内を打ち明けた。


関連記事:妊娠中に連絡が減った夫 問い詰めたら「信じられない一言」が…

 

■「そんな会社辞めちゃえ」

投稿者からの訴えに、他ユーザーからは「どっか相談できる機関はないの? 確かに迷惑かけてるとはいえひどすぎるよ」「ひどい…辞めちゃいなよ、そんな会社ろくなとこじゃない」など、退職を勧める声が続出。

また、「大人げない会社だな。同じ日数を休んだとして、妊娠じゃなくて、ケガや入院でも同じことするのかな」という怒りの声や、「労基に訴えるべき」「弁護士に相談を」といった声も見られた。


■マタハラを受けたことがある人は…

妊娠悪阻で休んだ投稿者に対する、あまりにも酷すぎる仕打ち。なお、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の女性409名を対象に実施しした調査では、全体で1割弱の女性が「マタハラをされたことがある」と回答している。

少子化が叫ばれていても、実際問題、働く現場において女性の妊娠はことごとく歓迎されていない。多くの人が「子供を持たない」選択をするのも納得である。

・合わせて読みたい→終電を逃した後輩女子と帰宅した夫 妊婦の妻が激怒すると「最悪な行動」に

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の子供がいる女性409名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)