天野浩成、妻・雛形あきこを愛するあまり集めているモノ 「やばい奴やん」

『いまだ大明神』では、雛形あきこが夫・天野浩成に捨てさせてもらえなかったグレーのパーカーをお焚き上げした。

エンタメ

2019/12/27 15:40

雛形あきこ・天野浩成
(画像は雛形あきこ公式Instagramのスクリーンショット)

26日放送の『いまだ大明神』(フジテレビ系)に、俳優の天野浩成と女優の雛形あきこ夫婦が出演。雛形の私物へ執着する天野に、様々な反響が寄せられている。



 

■夫が捨てさせてくれない品

数々の「芸能人のワケあり品」をお焚き上げする同番組。今回、天野・雛形夫婦は5年前に購入したグレーのパーカーを持参した。以前から処分したいと思っていたそうだが、天野がどうしても捨てさせてくれなかったため内緒で持ち込んだそうだ。

パーカー以外にも、雛形の私物に異様に執着する天野は、使い終わったボディークリームの空き瓶や靴の空箱まで、かなりの数コレクションしているという。


関連記事:高嶋ちさ子、夫に貯金額を明かすも「『なんでこんなに』って仰天された」

 

■結婚後ますますサイコパスに

天野の少々不気味な愛情に対して、MCの今田耕司は「やばい奴やん」「旦那があなたと結婚してどんどんサイコパスみたいになってる」と引き気味にコメント。

まだパーカーをお焚きあげすることを受け入れられない天野を前に、雛形は「たくさんありがとうございました」とパーカーに別れを告げ、続いて天野も涙を流しながらお礼を伝えた。

次ページ
■「理想の夫婦」との声も

この記事の画像(1枚)