元ヤクルト・バーネットが現役引退 日米のファンから労いのメッセージ

ヤクルトやMLBで活躍したトニー・バーネットが自身のインスタグラムで現役引退を表明した。

東京ヤクルトスワローズやMLBのテキサス・レンジャーズなどで活躍したトニー・バーネット投手が29日、自身のインスタグラムで現役引退を表明した。このことはヤフーリアルタイム検索でも上位に入るなど日本でも話題になっている。



 

■炎のストッパー、去る

ヤクルトなど現役時代に在籍した球団のユニホームや帽子をロッカールームに並べたバーネット。06年のドラフトでアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名を受けて約14年――「夢を叶えて、野球選手でいることは光栄だった。最後のボールは投げた(編訳)」とつづった。

燕からメジャーへと羽ばたいたバーネットが現役選手としての最後を迎えた。インスタグラムの投稿には多くのファンから労いの言葉が寄せられている。


関連記事:藤川球児、ついに見えてきた記録 「松坂世代初の名球会」なるか

 

■「レジェンドストッパーだ!!」

投稿のコメント欄には、「ヤクルトスワローズのレジェンドストッパーだ!!」「あなたが明るい未来を手に入れると願っています(編訳)」など日本語と英語のコメントが並んでいる。

日米で愛された豪腕。非常に短気な性格であるがゆえ、危うく退場になりかけたことも。しかし野球選手としてヤクルトへの恩義を忘れず、MLBでも謙虚さを忘れない男気が人々を魅了した。

次ページ
■ヤクルトでのチャンスをしっかり掴んだ

この記事の画像(1枚)