不祥事芸能人たちのYouTube天下りに怒り 「少しでいいから敬意を」

人気ユーチューバーのシバターが、芸能人たちのYouTuberデビューに苦言。「少しでいいから敬意を払ってくれ」と訴えた。

エンタメ

2020/01/30 14:30

芸能人のYouTube進出が相次ぐ昨今だが、なかには不祥事を起こし、イメージ回復の過程で戦略的に利用する者もいる。

誰が使ってもいいプラットフォームなのでそれ自体を否定することはできないが、今のYouTube人気を作った人々には思うところがあるのかもしれない。人気ユーチューバーのシバターの動画が話題になっている。



 

■テレビ業界の手のひら返しに苦言

この日、シバターは「宮迫のYouTuberデビューに反吐が出る」(原文ママ)というタイトルで動画をアップ。タイトルこそ過激だが宮迫についての話は導入のみで、話題は「芸能人のYouTubeへの手のひら返し」に移行していく。

「べつに俺らに感謝しろよって感じでもないんだけど」と言いつつ、もともとテレビ業界にはユーチューバーたちを「お金欲しさに過激な動画をアップする人たち」などとみなし、叩く雰囲気があったにも関わらず、現在は乗っかる流れにあると指摘。

叩く側にいたタレントが手のひら返ししている現状に疑問を呈した。


関連記事:シバター、マホト活動再開で信者ファンを痛烈批判 「もし自分の妹が…」

 

■「少しでいいから敬意を払ってほしい」

また、シバターは「YouTubeの視聴者、ユーザー層をここまで広げたのはユーチューバーの皆々様じゃないですか」と述べつつ、「収穫期にいきなりテレビタレントたちがやってきてさらう構図なんですよ」と現在の状況を例える。

「芸人たちからすれば僕ら格下ですよ」と自分たちはあくまで素人であり、タレントと比べれば色んな意味で力が及ばないことを認めながらも、「少しでいい、少しでいいから敬意を払ってほしい」と訴えた。

次ページ
■「正論」「天下り先じゃないって示して」

この記事の画像(1枚)