乃木坂46・早川聖来、金川紗耶、田村真佑が語る『サムのこと』

dTVオリジナルドラマ『サムのこと』に出演する早川聖来、田村真佑、金川紗耶の3人に話を聞いた。

早川聖来、金川紗耶、田村真佑
(左から:早川聖来、金川紗耶、田村真佑)

西加奈子氏の短編小説を実写化したオリジナルドラマ『サムのこと』が、映像配信サービス「dTV」にて3月20日から配信開始される。

しらべぇ取材班では、乃木坂46の4期生メンバーが出演することで注目を集める本作の撮影現場を訪れ、早川聖来、田村真佑、金川紗耶の3人に話を聞いた。



 

■初めてのドラマ出演に不安も

同じアイドルグループのメンバーだったサム(遠藤さくら)が亡くなったことをきっかけに、久々に集まった元メンバーたち。

そんな彼女たちが当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様が本作では描かれる。

早川はLGBTであることをメンバーに隠し続けるアリ、田村はストレスが原因でアルコールにおぼれてしまうキム、金川は幽霊&オカルトマニアで占いにもハマりすぎて借金をかかえてしまうスミをそれぞれ演じた。

早川:LGBTという役で最初は難しいと思うこともありましたが、自分と向き合って役を演じたいと強く思いました。


田村:『サムのこと』への出演が決まり、嬉しい気持ちはもちろんありましたが、同時に初めてのドラマ出演だったのでちゃんと演じられるか不安でした。


金川:監督からスミの人物像を説明してもらったときに、お姉さん的存在で、みんなを引っ張っていっているイメージだと言われて、私は四人姉妹の長女で、小中学生のときは、バスケットボールでキャプテンや副キャプテンをやっていたので、自分に近いところがあるなと思いました。


いろいろと衝撃的なシーンもあって上手く演じられるか不安もありましたが、スミを演じることができてとても楽しかったです!


関連記事:「乃木坂46」齋藤、「欅坂46」渡邊らTGCで堂々のウォーキング披露

 

■役を演じる上で心がけたこと

乃木坂46
(©西加奈子・小学館/エイベックス通信放送)

4期生メンバーがドラマに出演するのは本作が初めて。自身の役柄を演じる上で心がけていたことを聞いた。

早川:5人の関係性とナチュラルさです。一流アイドルを目指してずっと一緒にいたという役柄なので、役を演じる上でお互いに干渉しすぎないようにしていました。


あと、舞台とは演じ方が違うと、先輩にアドバイスをいただいていたので、ナチュラルな演技を心がけていました。


田村:私が演じたキムちゃんは、男勝りでお調子者なイメージだったので、イスの座り方などを意識して、シーンごとにふさわしい喋り方になるよう心がけていました。


金川:お姉さんっぽいところや、心に余裕があってみんなを引っ張っている感じを出せるように心がけました。

次ページ
■メンバーの演技で印象的だったのは?

この記事の画像(2枚)