メスティンで作る100円料理『親子丼』 チェーンの味を余裕で超えるウマさ

メスティンで作れる100円料理をご紹介

グルメ

2020/04/25 19:00

日常であまり使わない調理器具が、意外と物凄く万能だったりすることはよくある。たとえばキャンプや登山で使う飯盒『メスティン』は、無限の可能性を秘めた調理器具と言っていいだろう。

そんなメスティンを使うと、さまざまな料理がお手軽に作れてしまうことも。このコーナーでは、メスティンを使って1人前100円台で作れる激安・簡単料理を紹介。今回は親子丼だ。


画像をもっと見る

 

■親子丼の作り方

用意するものは、米1合に卵1個、たまねぎ8分の1個、鶏肉30グラムにめんつゆ100cc。まずは鶏肉を細切れにして、玉ねぎをスライスしておく。

次にメスティンに米1合を入れ、水を200cc注ぐ。


関連記事:ホットサンドメーカーで作る『からあげ』が激ウマ もう揚げ油いらないかも

 

■フタをして加熱

次にまずは強火で湯気が出るまで加熱し、その後弱火にして小さなボウルなどに入れためんつゆをフタの上に置き、温める。ボウルが無い場合はレンジや鍋で加熱してもいい。

湯気が出なくなったら炊飯が終わったタイミングなので、フタを開けて溶き卵を注ぎ、再度フタをして5分ほど蒸らすとちょうど半熟になっている。


■洗い物も楽で激ウマ

最後にめんつゆを注げば、親子丼の完成だ! 材料費としては米が1合40円、卵1個10円、めんつゆ100cc10円(希釈用の安い物)、鶏肉30円(100グラム100円で計算)、玉ねぎ10円ぐらいが相場なので、ぴったり100円で作れる。少し高いスーパーで買っても、100円台で収まるだろう。

気になる味だが、500円台のチェーン店で食べられる親子丼よりはるかにウマい。洗い物もメスティンとボウルだけで済むので、非常に楽である。

メスティンはAmazonなどで2,000円ぐらいから売られているので、購入も簡単。一人暮らしにも最適な調理器具のため、買っておくことをおススメするぞ。

・合わせて読みたい→ホットサンドメーカーで作る『からあげ』が激ウマ もう揚げ油いらないかも

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(8枚)