エアコンの電気代で損しないために… 今すぐできる節電ワザ

夏に欠かせないエアコン。電気代が心配になるが、ちょっとした方法で節約ができるようで…。

話題

2020/08/11 05:30


 

■簡単に1日20%以上の節電効果

ダイキンの公式サイトでは節電検証の結果が報告されている。「日除け」「フィルター掃除」「室外機対策」で節電術をした部屋と、していない部屋でエアコンを6時間運転させた結果、対策をした部屋は20%以上も電気代を削減できたという。

また、節電術ありの部屋のみ温度を2℃上げても20%以上の節電につながったよう。「塵も積もれば山となる」の言葉のとおり、1〜2ヶ月で考えるとかなりの節約になりそうだ。


関連記事:空気のプロが教える換気がすごい 飲食店の「窓がない個室」にも対応

 

■できることからコツコツと

使っていない家電などはオフにする、できるだけ冷やす空間を小さくする、家の前や庭などに打ち水するといった細かい方法で節電が可能。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女2,168名に調査したところ、全体の32.9%が「夏の間はエアコンをつけっぱなしにしている」と回答している。できる範囲でコツコツと節電に取り組むと電気代に大きな差が出そうだ。

夏の間はエアコンをつけっぱなしにしているグラフ

すだれやよしずを使った「日除け」や、2週間に1回の「フィルター掃除」や、「室外機対策」はすぐにでも始められるため、それだけでも試してみてはどうだろうか。

・合わせて読みたい→夏場のエアコン、“設定温度28℃”は間違いだった 快適に過ごす方法は…

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)