立川志らく、提案した「レジハラ」撃退策に喝采の声 「スカッとする」

3日放送の『グッとラック!』に立川志らくが出演。レジで頻出している嫌がらせ行為について対策を提案した。

立川志らく

3日の『グッとラック!』(TBS系)で、レジ店員が客から受ける嫌がらせ「レジハラ」についての特集が放送された。司会の立川志らくが発した「(店員が客に)来なくて結構です、と言えるような社会にするべき」との持論が、ネット上で反響を呼んでいる。



 

■迷惑な客の姿

「邪魔で仕方がない」と叫びレジに張られた飛沫防止シートを力任せに引きちぎる客、購入商品にテープを貼られたことに激怒し「オイ! 貼る必要あるのかよ!」と店員に詰め寄る客…。

新型コロナウイルス感染拡大、さらには7月から開始されたレジ袋有料化以降、スーパーのレジでは理不尽な嫌がらせ行為が続出していると同番組は報じた。


関連記事:『スッキリ』レジ袋に代わる風呂敷特集 レジ打ち経験者からは「困ります…」

 

■小銭を消毒しろというケースも

番組には実際にレジハラを受けた店員たちが出演。

レジ袋が必要か客に確認した後、隣のレジから聞こえた「レジ袋ご入用ですか?」の言葉に客が勘違いし「何度言えばいいんだ」と激昂されたというエピソードや、お釣りを渡そうとしたら「小銭を消毒してくれ!」と言われたといった、聞いているだけで不快になりそうなエピソードが次々登場し、スタジオの出演者たちも唖然としていた。

次ページ
■「寂しい人がやっている」とバッサリ