メール冒頭の「お世話になっております」 30代女性の半数がいらないと回答

メールを送るときに、「お世話になっております」と冒頭に書く人が多い。しかし、必要ないと考える人も。

ビジネス

2020/09/28 10:40

社外の人とメールでやり取りするときには、冒頭に「お世話になっております」の挨拶を書く人が多いだろう。この文章を、不要だと思っている人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■「不要だと思う」3割も

しらべぇ編集部では、全国10〜60代の有職者の男女734名を対象に調査を実施した。

お世話になっておりますというメール定型文はもうそろそろ消えていいと思うグラフ

その結果、全体の31.2%が「『お世話になっております』というメール定型文はもうそろそろ消えていいと思う」と回答した。


関連記事:リーズナブルな価格が魅力 20代男性の6割が「ほっともっとが好き」

 

■誰も読んでいない

性年代別では、30代女性が一番高い割合になっている。

お世話になっておりますというメール定型文はもうそろそろ消えていいと思う性年代別グラフ

そもそも、誰も読んでいないとの声も。

「毎日のようにメール対応に追われていて、返信するのも一苦労。冒頭の『お世話になっております』など誰も読んでいないのだから、省略させてほしいと思っている」(30代・女性)


「丁寧な印象を与えるために使うのだろうけれど、毎回同じような文章に心を打たれる人はいないと思う。それならば、なくなったほうがいいと思うのだけれど」(20代・女性)

次ページ
■書いただけで丁寧になる

この記事の画像(3枚)