川島海荷「ラブストーリーと結びつかないイメージを覆したい」 主演作に意気込み

『僕らは恋がヘタすぎる』主演の川島海荷にインタビューを実施。厳しさを持って接してくれる人は大切?


 

■空き時間はガッツリ遊んでました

川島海荷

―――ドラマでは、成田洋介役の白洲迅さん、一之瀬歩役の塩野瑛久さん、片山みずき役の浅川梨奈さん、一之瀬奏多役の嶋崎斗亜さん(Lil かんさい/関西ジャニーズJr.)と一緒のシーンが多かったと思うのですが、撮影現場ではどんな風に過ごしていましたか?

川島:空き時間はずっとお話していましたね。男性たちを巻き込んでガールズトークをしたり、箱根でロケがあったときは旅行気分になってしまって、ボードゲームを持っていってガッツリ遊んでました(笑)。


―――ボードゲームはガッツリですね(笑)。

川島:友情や恋愛、人間関係を描いたドラマなので、撮影の空き時間でもいいコミュニケーションをとることができていたのが、画面を通して伝わったらいいなと思います。


スタッフさんには「ただ遊んでただけじゃん」って思われているかもしれないですけど(笑)。いいチームワークで、楽しく撮影できたと思います。


関連記事:フワちゃん、レギュラー番組を断った衝撃理由 まさかの発言に現場騒然

 

■「自分だったら…」と考えながら

―――花は人に気を遣いすぎる優しい性格で、簡単に自分を犠牲にしてしまうという役柄ですが、川島さんご自身は感情をため込んでしまうようなことはありますか?

川島:私はどちらかと言うと、花とは違って思ったことをすぐに言ってしまうタイプなのですが、もちろん初対面の人には緊張するし、気も遣うので、グイグイ行かないようにしています(笑)。


花はそれ(グイグイ行かないこと)が基本で、相手を思いやることができる子なのですが、それが裏目に出てしまう。恋愛や友情で、相手と気持ちが通じ合わないことがあるので、私とはまたタイプが違うと思います。


でも、共感できるところもあって、「自分だったらどうするかな?」と考えながら、共通点を見つけていました。


―――花のような控えめな性格の人とは仲良くなれますか? 思ったことを相手に伝えられる人からすると、少しもどかしく感じてしまうのではないかと思いますが…。

川島:自分が持っていないものを持っている人は魅力的なので、仲良くしたいと思います。私はちょっと図々しいときもあるかもしれないので、その謙虚さが欲しい(笑)。

次ページ
■厳しさを持って接してくれる人は大事

この記事の画像(9枚)