「食べたこと」を後悔する女子へ バチェロレッテ・福田萌子の格言が最高

「初代バチェロレッテ」こと福田萌子に、『ヒルナンデス』が密着。「夕食は3回」という食事量にも驚き

エンタメ

2020/11/25 06:00

ラーメンを食べる女性
(Rawpixel/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

24日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、Amazonプライムビデオで配信中の恋愛リアリティーショー『バチェロレッテ・ジャパン』に出演し、話題を集めるモデル・福田萌子の1日のルーティーンが紹介された。

スレンダーな体型からは想像できない食事量に驚く声が上がる中、「食べすぎてしまった」ことに罪悪感を感じてしまった場合の、福田流ポジティブ思考に多くの反響が。



 

■朝昼は食べず夕飯を3回

早朝5時に起床し、白湯を飲みながらヨガ、1時間半のランニングと、朝からストイックな福田。食事にもこだわりがあり「朝昼食べず、夜だけ」という食生活を送っていると話す。

同日は、友人2人と夜7時からフレンチのフルコースを堪能した後、2軒目のイタリアンでは、なんと900グラムのステーキ盛り合わせをオーダー。このうち4分の3は福田が食べてしまうという。


関連記事:オリラジ中田、Youtubeで妻・福田萌と初共演 家庭では「いいお父さん」

 

■「お肉が主食です」

食事中には、お嬢様らしい「お肉が主食です、お肉食べてないとご飯食べた気しない」「牛肉以外はお肉とカウントしておりません」という“福田節”も飛び出す。

さらに福田は、その後この日3軒目となるイタリアンへ1人でおもむき、ここでもショートパスタを3皿分ぺろり。これには、スタジオからも驚く声が上がる。

次ページ
■「食べても罪悪感はない」理由は…

この記事の画像(1枚)