10代男性の6割が人とは違った趣味 「周囲にいないだけで…」の声も

趣味を持つことで、日常生活にも張り合いが出るものだ。中には、変わった趣味を持つ人もいるだろう。

ホビー

2020/12/12 09:00

趣味を持つことで、人生の充実度が上がるものだ。中には、自分の趣味は他人とは違っていると思っている人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■「人とは違った趣味」3割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に調査したところ、全体の27.0%が「人とは違った趣味がある」と回答した。

人とは違った趣味があるグラフ


関連記事:60代男性の6割が「野球が国民的娯楽の時代は終了」 趣味の多様化が要因か

 

■10代男性が料理

性年代別では、男女ともに年代が低くなるほど割合が高くなっている。

人とは違った趣味がある性年代別グラフ

同じような趣味を持った人が周囲にいないと、「変わった趣味」と感じてくるようだ。

「休みの日には、かなり凝った料理を作るのが日課になっている。同年代の男性でそこまで料理している人は少ないので、めずらしい部類に入ると思う」(10代・男性)


「以前に付き合っていた人が歴史好きで、その影響から史跡めぐりが趣味になった。同じ趣味を持った人が周囲にいないので、いつも一人で行っている」(20代・女性)

次ページ
■同じ趣味を持つ人は必ずいる

この記事の画像(3枚)