『教場II』伊藤健太郎が演じる予定だった役にネット騒然 「偶然にしてもヤバい」

昨年起こしたひき逃げ事件で『教場II』を降板した伊藤健太郎。その演じる予定だった役柄が…

テレビ

2021/01/05 00:25

伊藤健太郎
(写真提供:JP News)

木村拓哉主演の新春スペシャルドラマ『教場II』(フジテレビ系)第2夜が4日に放送。同作を降板した俳優・伊藤健太郎の演じる予定だった役が、ネット上で大きな話題を集めた。



 

■ひき逃げで降板した作品

同作は警察学校を舞台としたドラマで、昨年新春に放送された1作目の続編。伊藤は前作と今作の間にあたる第199期の生徒・出馬求久役として、当初は出演キャストに名を連ねていた。

しかし、昨年10月に伊藤がひき逃げで逮捕される事件を起こしたため、出演シーンは全て撮り直しに。代役にはジャニーズWESTの重岡大毅が充てられ、この日は出演シーンが含まれた第2夜が放送された。


関連記事:伊藤健太郎容疑者のひき逃げ 出演ドラマが事故を「予言していた」と話題に

 

■なんとも皮肉な役柄に…

出演シーンが訪れたのは、199期の授業中に起きた事件を振り返る回想の場面。警察学校内で検問の講習が行われ、重岡演じる出馬は運転手として乗車する。

しかし、車は予定にない動きで暴走し、スピードを上げて警察官役の生徒に突っ込んでいく。生徒は派手に轢かれて全身を強打し、授業は急きょ中止。そのまま病院へ緊急搬送されてしまった。


■不思議な視聴者は騒然

講習で同期を轢いて病院送りにするという、重厚な作風のドラマにはぴったりな重い過去。しかし、ひき逃げで逮捕された伊藤が演じる予定だったと考えると、なんとも皮肉な展開と言わざるを得ない。

この現実との類似は、すぐさまネット上で大きな話題に。SNSには「現実とほぼ同じじゃん。偶然にしてもヤバいな」「たしかに伊藤健太郎にやらせてはダメな役だな」「そりゃこの役が伊藤健太郎なら撮り直しになる(笑)」「ガッツリひき逃げ役でそりゃ交代せざるをえんよなと思った」など、さまざまな感想が上がっていった。

・合わせて読みたい→『スッキリ』伊藤容疑者の逮捕で… 加藤浩次が放った“怒りの一言”に称賛

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太