3割が「正月が終わると寂しい」 男女・世代での意識差も明らかに

終わってしまった正月を惜しむ人は、どれくらい?

ライフ

2021/01/07 08:30

門松
(igaguri_1/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一般的に正月行事の期間を「正月」と呼び、松飾りなどは1月7日の松の内で片付けるところも多く、人々の生活は通常モードに戻りつつある。昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、家で過ごす人が多かった2021年の正月だが、終わってしまうと寂しいものではないだろうか。

そんな正月の終わりについて、世間はどう感じているのだろうか?


画像をもっと見る

 

■正月が終わった心境は…

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女3,140名に調査を実施した。

結果、「正月が終わると寂しい」と答えた人は33.9%。多くの人は、寂しさを感じていないようだ。


関連記事:陣内智則、正月生放送を企画した明石家さんまに激怒 「自由参加にしよう」

 

■男女別に見ると

調査結果を男女別に見たデータがこちら。

若い女性の割合が高く10代は47.3%、20代は45.8%となっている。友人と遊ぶ、お年玉をもらうなど、楽しめるイベントが多いことが要因かもしれない。

次ページ
■寂しい思いする人の声は?

この記事の画像(3枚)