車のフロントガラス凍結を解消するスゴ技が話題 紹介者にコツを聞いた

今の時期大変困るフロントガラスの凍結を簡単にとかす方法。お金も時間もかからない秘策とは…

話題

2021/01/08 18:35

フロントガラス解凍
(画像提供:キャマノンディアスさん)

8日は、日本列島に強い寒気が流れ込み午後2時までの最高気温は、関東から九州、沖縄で、今季最も低くなった所が多くなった。この影響から各地で路面が凍結し、スリップ事故が相次いでいる。そんな中、車両のフロントガラス凍結解消法が話題を呼んでいる。



 

■凍結を溶かす方法に称賛の声

紹介者のキャマノンディアスさんは、コンビニの袋にぬるま湯を入れてその袋をフロントガラス上で動かすことで、凍結が解消する様子をツイッター上に投稿。


その投稿が大反響となり、8日午後5時現在85.7万回再生されている。返信欄には「頭いいなあ」や「これはすごい!」といった称賛の声が多く寄せられている。


関連記事:今季初の寒波襲来を気象予報士が解説 来週は日本海側でいきなり猛吹雪・大雪の恐れ

 

■ぬるま湯がベスト

キャマノンディアスさんは「ぬるま湯がベストで温度は約30度前後が良い」と話す。直接フロントガラスに熱湯をかけると、割れるリスクが生じ、ぬるま湯をかけてもまた凍ってしまい二度手間になるケースもある。

また、「解氷スプレーを使っている」という声もあがっているが、中身がエタノールのためワイパーゴム劣化を早めるリスクがある。さらには、「エンジンスターターを使い、事前に車内を暖めてとかす」方法もあるが、ガソリン代と時間がかかる。

キャマノンディアスさんの方法は、家にあるあまった袋を使うことでお金をかけずに、誰でも簡単にできるところが大きな特徴だ。


■日本海側は引き続き大雪に警戒

気象庁によると10日までは強い寒気が日本列島に居座り、日本海側を中心にさらなる大雪になる恐れがあるという。また、11日から12日にかけて本州の南岸沿いを低気圧が進み、今度は太平洋側で広く天気が崩れる予想。

12日は、近畿から東北にかけても広く雪や雨が降り、関東甲信の平野部や東京都心でも雪となる可能性があるという。

・合わせて読みたい→今週末にも「南岸低気圧」発生か? 東京の雪は一発屋

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)