知っておきたい マスクでメガネが曇らなくなる裏技&便利グッズ

改めてお伝えしておきたい、マスクでメガネが曇らなくなる裏ワザと便利グッズ。つらい季節を少しでも快適に

話題

2021/01/21 06:00

依然としてマスクが手放せない生活が続き、間もなく花粉が飛び始めるツラい季節がやってくる。

すでに多くの人が自分に合った対処法を発見していると思われるが、改めて、マスク生活最大のネック「眼鏡が曇ってしまう問題」を解決してくれる、裏ワザと便利グッズをご紹介したい。



 

■ネットでバズった警視庁の裏ワザ

マスクの上部を内側に折る

しらべぇが配信したマスク関連記事の中でも、とくに反響が大きかったのが、警視庁が発表した「メガネが曇らないマスクの付け方」。

その方法は2通りあり、編集部で検証した結果、より手軽で息苦しさも感じにくかったのが、写真のように「ワイヤーなどが入っているマスクの上部を内側に折る」という方法だ。

実際に試してみたところ、普通にマスクを着用した状態では真っ白にメガネが曇ってしまっていたが、この方法を実践した場合、編集部内でも効果には個人差が見られたものの、明らかにメガネが曇りにくくなった。


関連記事:イオンのマスクショップ 「マスクと一緒に使うべき神商品」があった…

 

■100円ショップにも便利グッズが

キャンドゥ「メガネくもり止めシート」

機能性マスクとともに、マスク生活を快適にする様々な便利グッズも発売されてきた。100円ショップにも、拭くだけで約1ヶ月間曇り止めの効果を発揮してくれるという便利アイテムが。

しらべぇ編集部では、写真のアイテムを『キャンドゥ』にて購入。実際に試してみたところ、完璧に曇らなくなるわけではないが、使用前と比べると明らかに曇りにくくなった。メガネの曇り止めグッズは数あれど、税抜100円という価格が何よりありがたい…。


■絶対に曇らせたくないときは…

4つ折りティッシュを挟む

「いまだけは絶対にメガネが曇ってほしくない」という場合には、「4つ折りにしたティッシュをマスク上部と鼻の間に挟む」ことで、しらべぇ編集部が検証したメガネの曇り対策の中では最も効果があったと感じた。こちらも、警視庁が発信した裏ワザだ。

ただ、こちらの方法はかなり息苦しさを感じたため、「絶対に曇らせたくないときの短時間使用」がオススメ。

不安な状況に加えてツラい季節が訪れるが、自分に合った対処法や便利グッズを見つけ、少しでも快適に過ごせるよう工夫していきたい。

・合わせて読みたい→フライングタイガー、“マスクのちょい外し”が楽になる便利グッズを販売

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい