10代女性では4割も コロナ禍で新しい出会いが減って不安に

新型コロナウイルスの流行により、人と会う機会が減っている。新しい出会いがなくて、不安に思っている人も。

人間関係

2021/01/29 10:00

新型コロナウイルスの流行により、外出自粛を余儀なくされている。この状況では、新しい出会いは難しいだろう。


画像をもっと見る

 

■3割が「出会いが減っていることに不安」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の27.0%が「コロナ禍で新しい出会いが減っていることに不安がある」と回答した。

コロナ禍で新しい出会いが減っていることに不安があるグラフ


関連記事:「新型コロナさえなければ…」20代女性の7割も 大学生活を楽しめずに

 

■授業がオンラインになり

性年代別で見ると、女性は年代が低くなるほどに割合が高くなっている。

コロナ禍で新しい出会いが減っていることに不安がある性年代別グラフ

大学の授業がオンラインになり、新しい友達をつくる機会がないという学生も。

「新型コロナで大学の授業がオンラインになり、新しい友達との出会いがないままでいる。学生生活の思い出が家で受ける授業だけになるのは嫌なので、はやく落ち着いてほしい」(10代・女性)


「以前は友達の友達と飲みに行って、そこから仲良くなる機会もあった。新型コロナが流行してからは飲み会も減り、しばらく新しい出会いはなさそう」(20代・女性)

次ページ
■SNS上での新しい出会い

この記事の画像(3枚)