『シン・エヴァ』好調、累計興行収入33億円・観客動員数は219万人を突破

大ヒットが続く『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。YouTubeチャンネルで新たにTVスポット動画が公開される。

漫画アニメ

2021/03/15 15:00

シン・エヴァンゲリオン劇場版

今月8日に公開された『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の累計興行収入及び、観客動員数が発表された。公開初日の勢いそのままに大ヒットが続いている。



 

■初日興行収入8億円突破

1995年のTVシリーズ放送で社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』は、2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再始動。『:序』『:破』『:Q』の3作が公開されて大ヒットを記録し、今なお幅広い層から支持を受ける作品だ。

そして現在上映中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、月曜公開にも関わらず異例の初日興行収入8億円突破の好スタートを切っている。


関連記事:次々歴史塗り替える『鬼滅の刃』 「キメハラ」のほか「ジブハラ」訴える人も

 

■前作を上回る大ヒット

その後、初の週末を経て発表された、公開から7日間の累計興行収入は33億3842万2400円、累計観客動員数は219万4533人を記録。前作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』との比較では、興行収入対比145.1%、観客動員数比133.6%と、公開初日からの勢いそのままに大ヒットが続いている。

さらに本作の好調を受けて、15日より作品冒頭の第3村のシーンを解禁した「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』TV SPOT B 15秒」が公式YouTubeチャンネルで公開される。

快進撃がどこまで続くのか期待したい。

・合わせて読みたい→映画の歴史塗り替えた『鬼滅の刃』 費用500億円・アベノマスクとの比較が話題に

(文/しらべぇ編集部・ゆきのすけ