中村倫也、新ドラマ直前の生配信に出演 夏帆から思わぬ暴露が…

新ドラマ『珈琲いかがでしょう』放送開始直前生配信に中村倫也が出演。コーヒーについて熱く語る

エンタメ

2021/04/05 13:20

中村倫也が3日、新ドラマ『珈琲いかがでしょう』の放送直前生配信ライブに出演。かつてはブラックコーヒーが苦くて飲めなかったが、豆のブレンドと独自の入れ方で飲めるものができたと明かした。



 

■夏帆、磯村勇斗と出演

5日から放送開始される同ドラマ。放送直前生配信ライブに主演の中村倫也、夏帆、磯村勇斗が出演し、撮影現場でのエピソードや見どころを語った。

ワゴン車でコーヒーの移動販売をして出会った人々を癒やしていく、主人公・青山ーを演じる中村は、お客さんの心に寄り添う役で見習いたい部分が多かったと振り返る。


関連記事:中村倫也、『YOUは何しに日本へ?』にゲスト出演 正装でバナナマンを祝福

 

■左手でコーヒーを入れる達人に

主人公が左利きのため、右利きの中村は左手でコーヒーをドリップで入れられるよう年末から練習を重ね撮影に挑んだ。その結果、撮影が終わった後も左手のほうがうまく入れられるようになったと語る。

共演する磯村は「利き手でないと思えないくらい本当にきれいに入れていた」と絶賛し、中村も「この作品を機に生涯の趣味になるものを教えてもらった」と笑顔に。


■夏帆から思わぬ暴露が

そして話題はコーヒーの好きな飲み方という話に。夏帆と磯村の好みは「ブラック」と答え、中村も小声で「ブラック」と答えると、夏帆から「現場でたくさんお砂糖を入れていましたよね」と暴露されてしまう。これに中村は「赤ちゃんの舌だと思ってるでしょ」とツッコミを入れつつ認める。

そんな中村だが、あるとき特定の豆のブレンドではミルクを入れなくても飲めることを発見したよう。入れ方も研究し、ブラックでも無理なく飲めるようになったとも明かした。

このエピソードに視聴者からは、「コーヒーをブラックで飲めないなんてかわいい」「発見したコーヒー豆のブレンドを教えてほしい」「私もカフェオレ派なので嬉しい」など多数の反響があがっている。

・合わせて読みたい→中村倫也、学生時代同じ人に6回フラれた過去を告白 「めちゃくちゃ一途」と驚きの声

(文/しらべぇ編集部・穂月心