すき家、「炭水化物のキメラ」のような新メニュー ロマンあふれる味に思わず…

すき家の新メニューのインパクトが半端ではなかった。激ウマだが複雑すぎるその味とは…

グルメ

2021/04/08 06:15


 

■一口食べて驚かされたその味

すき家

スパイスが効いたやきそばソースや牛丼のうま味、カレーのコクなどさまざまな味が集結して複雑だが美味しい。ただ、これはどういった食べ物なのかうまく説明できる自信はなく、「やきそば牛丼オムカレー」という新ジャンルとしか言いようがない。

すき家

もう一口食べるも味の感想は変わらず。さまざま具材が合わさることで、コクやうま味がより濃厚になって間違いない美味しさを作り出している。正直、ここまでマッチするとは思いもしなかった。


関連記事:すたみな太郎、コスパ最強の牛丼を販売 吉野家と比較して分かった圧倒的ボリューム

 

■並盛でも満腹に近い状態に…

すき家

ガツガツと食べ進めた結果、あっという間に完食。並盛だが結構なボリュームとなるので満腹に近い状態になった。

気になる人は一度すき家に足を運んで注文してみてはいかがだろうか。コク深い味わいにハマること間違いないだろう。

・合わせて読みたい→松屋の新メニュー、味は最高だが値段に違和感 「10年前」と比較して確信に変わる

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(5枚)