突如、ヨドバシに出現した「GW」 たった二文字に込められた意味が深すぎると話題

ゴールデンウィークに突入し、ヨドバシカメラ店舗に変化が生じたと話題に。現地へ足を運んでみると…。

話題

2021/05/04 05:45

始まる前はあれだけ楽しみだったゴールデンウィークも、気づけば残りわずか。もうじき訪れる「平日」を思い、早くも憂鬱さを感じている人もいることだろう。

現在ツイッター上では、突如ゴールデンウィーク仕様となった「ヨドバシカメラ」店舗が注目を集めている。


画像をもっと見る

 

■確かに「GW」ではあるが…

ヨドバシカメラ

話題となっているのは、神奈川・横浜市にある「ヨドバシカメラ マルチメディア横浜」。同店舗の6階にあるフィギュア・プラモデルコーナーにはゴールデンウィークの特設コーナーが登場し、多くのユーザーから反響の声が上がっている。

ヨドバシカメラ

現地には「ゴールデンウィーク」の略称である「GW」の二文字が大々的に記されたパネルが設置されていたのだが…よくよく見るとそこには「新機動戦記」という気になるフレーズも。


関連記事:古市憲寿氏、小池知事の要請に苦言 「戦時下の扇動的な政治家」

 

■ガンダムファンは思わずニヤリ

「ガンオタ」でない読者のために解説させてもらうと、『機動戦士ガンダム』をはじめとする『ガンダム』シリーズには『新機動戦記ガンダムW(ウイング)』という作品が存在し、こちらのパネルは「ゴールデンウィーク」と「ガンダムウイング」の表記をかけた言葉遊びとなっているのだ。

ヨドバシカメラ

パネル付近には当然、「ウイングガンダムゼロEW」など『ガンダムW』関連のプラモが陳列されており、ツイッター上には「ヨドバシくんのこういうところが好きだ」「やっぱヨドバシは良いセンスしてるな」「ゴールデンウィークとガンダムWをかけるのは面白すぎる」といった反響の声が相次いでいる。

ガンダムガチ勢の間では、ヨドバシがこちらのパネルに込めた思いに対し、さらなる考察が進んでいるようで…。

次ページ
■担当者の愛が素晴らしい

この記事の画像(5枚)