浜田雅功、「みんなが今一番避けている言葉」を連呼 出演者からは総ツッコミ

ダウンタウン・浜田雅功が、ラランド・ニシダや餅田コシヒカリに「ブタ」と言い放つと、ネット上で話題に…。

テレビ

2021/05/13 06:30

ダウンタウン・浜田雅功

12日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が「みんなが今一番言うのを避けている言葉」を口にし、番組出演者から総ツッコミを食らった。



 

■ニシダに「ブタ」連呼

番組では、2017年以来の開催となる企画「お寿司の達人」の第5弾を放送。なお、この企画は歌詞に合わせて次々に流れて来るネタを、曲のテンポで食べていくというゲームだ。

そんな企画に挑むのは、大食い自慢のU字工事・益子卓郎、ワタリ119、ラランド・ニシダ。本ゲームのレベル2『スシ食いねェ!』に挑戦した3人だったが、途中から益子とワタリが優先して寿司を頬張るため、並び順が最後のニシダは食べられないというシーンが目立った。

すると浜田は「右のブタ、全然食えへんな!」と言い放つ。その後も、レベル3の『DONUT SONG』に合わせ、流れ来るドーナツに手を伸ばすニシダを見て、浜田は「おいエンゼルクリーム、ブタ!」と叫んだ。


関連記事:松本人志、和田アキ子と浜田雅功の共通点を分析 「時代に逆らってる」

 

■「家畜じゃない」と指摘され…

次に挑戦したのは、駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリ、どんぐりぱわーず・ミナコ、吉本新喜劇の宇都宮まき。

レベル2に挑んだ3人だったが、真ん中の位置にいた餅田があまり寿司を口に入れられない姿を見て、浜田は紫色の衣装を着た餅田に対し「紫のブタがずっと何か…」と、不満げに口にした。

その後、スタジオではプレゼンターのバイきんぐ・小峠英二が「浜田さんが『右のブタ』とか『紫のブタ』とか…いやいや家畜じゃないんすよ」と浜田の発言を指摘。すると、松本人志も「一番今みんなが避けてる言葉をガンガン言っていくもんね」と、やんわりツッコんだ。


■「このご時世に…」

この浜田の発言に、おぎやはぎ・小木博明も「浜田さんまだ時代についていけてない、今ダメですよ本当それは」と注意。対して浜田が「ごめんごめん」と笑いながら謝ると、松本は「携帯で言うと担ぐタイプの携帯」と独特な物で浜田を例えた。

視聴者の間では、東京五輪開会式での容姿侮辱演出案をめぐる騒動を踏まえて「浜田のブタ発言、このご時世にすげーな」「コンプライアンス全無視の浜田さん」などの声が上がり、浜田の発言が話題となっている。

・合わせて読みたい→ダウンタウン、若き日の納税額が明らかに 32歳で納めた金額が衝撃的

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子