ユニクロに大量出現した見慣れぬ商品 「対米関係の影響か」と注目集まる

4月中ごろよりユニクロで大量に販売されるようになった商品。こちらをめぐり「アメリカの輸入差し止め」との関連性が指摘されている。

2021/05/21 05:45

ユニクロ

日本が誇るファストファッションブランドとして名高い「ユニクロ」だが、オンラインショップにて販売中の商品が、いま話題となっている。



 

■「輸入差し止め」が明らかに

19日、アメリカの税務当局が今年1月から中国の新疆ウイグル自治区での強制労働をめぐる輸入停止措置に違反した疑いがあるとして、ユニクロのシャツの輸入を差し止めていたことが判明。

ユニクロ側は「強制労働などの深刻な人権侵害がないことを確認している」と反論しているが、アメリカ政府は中国の新疆ウイグル自治区の組織・新疆生産建設兵団が生産した綿製品について「強制労働によって生産された疑いがある」とし、本国への輸入を停止している。

ユニクロ商品の輸入停止に関しても、同措置に違反した疑いがあることが理由となったようだ。


関連記事:ブラックフライデー当日のユニクロ 今冬の大本命アイテムをひっそり発売する

 

■日本のユニクロにも変化

今回の発表を受けて一部のユーザーの間では、先月よりユニクロが日本国内で展開し出した商品が話題に。

注目を集めているのはメンズ商品「ツイルオーバーサイズワークシャツ」、ウィメンズ商品「ラミーコットンシャツ」といったアイテム群で、これらの商品名にはいずれも「欧米仕様」の表記が見られるのだ。

全27品目のこれらのアイテムは全て「オンライン特別商品」となっており、販売開始時期は定かでないが、ユニクロオンラインショップのユーザーレビューを見ると、4月上旬から中旬にかけて「最初のレビュー」が投稿された商品が多いことが分かる。

次ページ
■ユニクロ以外にも見られる「欧米」仕様

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

ファッションユニクロアパレル無印良品ファストファッション欧米仕様
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング