だいたひかる、不妊治療を黙っていた理由明かす 「自然を装いたかった気持ちも」

だいたひかるが、不妊治療を始めた当初に黙っていた理由について告白。「寛容な世の中に」と願っている。

2021/06/03 18:45

だいたひかる

お笑いタレント・だいたひかるが3日、自身のAmeba公式ブログを更新。不妊治療を始めた当初に公表しなかった理由についてつづった。



 

■先月に妊娠を報告

だいたは2013年にアートディレクター・小泉貴之氏と再婚後、2014年から不妊治療を受けていたが、2016年に乳がんが判明しため中断。2019年に乳がんが再発して手術を受けた。

昨年8月にがんの治療を中断して不妊治療を再開することを明かし、受精卵を移植して先月21日に妊娠したことを報告していた


関連記事:だいたひかる、受精卵移植日が決まり次のステップへ 「穏やかな気持ちです」

 

■長引くと思っていなかった

だいたは、「私が不妊治療を始めたときに、親以外は…誰にも言わず夫婦しか知らない状態で、始めていたのですが…」と書き出した。

その理由について、「それは1、2ヶ月病院にかかれば子供ができると思っていたからで…こんなに長引くと思っていなかったし、自然を装いたかった気持ちもありました」と振り返る。

次ページ
■不妊治療に寛容な世の中に

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

妊娠不妊治療だいたひかる公表Ameba公式ブログ小泉貴之寛容
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング