なか卯、21年目となる“夏の風物詩”が今年も登場 6月24日(木)から

なか卯から、2000年から毎年発売されている“夏の風物詩”的な大人気メニュー「すだちおろしうどん」が今年も登場。

グルメ

2021/06/18 16:20

6月24日(木)より、丼ぶりと京風うどんのなか卯では、夏の風物詩となっている「すだちおろしうどん」(並:490円)の販売が開始される。


画像をもっと見る

 

■今年で21年目の大人気メニュー

なか卯

「すだちおろしうどん」は、2000年から毎年発売され、今年で21年目となるなか卯の大人気商品。つるっとした喉ごしの冷やしうどんに、特製のしょうゆだれがかけられ、青ネギと大根おろし、すだちがまるごと1個トッピングされている。

なか卯

店でおろしたフレッシュな大根おろしのほのかな辛味、徳島県産の香り豊かなすだちのさわやかな酸味が、夏を迎えるこれからの季節にぴったりな味わいだ。


関連記事:丸亀製麺「うどん弁当」に新作登場 すだちや豚しゃぶでさっぱりと

 

■テイクアウト可、お得なランチセットも

なか卯

同商品はテイクアウトも可能なので、自宅でゆっくり食事をしたいときにも嬉しい。また、150円もお得になる「すだちおろしうどん(小)」のランチセットも登場する。しっかりお腹を満たしたいときにぴったりな、ボリュームのある内容となっている。


■若い男性からとくに厚い支持

親子丼などの丼ぶりメニューや、京風うどんが手頃な価格で楽しめるなか卯。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,880名を対象に実施した意識調査では、全体で35.5%の人が「なか卯が好き」と回答していた。

なか卯が好き性年代別グラフ

性・年代別に見てみると、10代~30代の男性が4割を超えており、若い世代の男性たちからとくに厚い支持を得ていることがわかる。

24日(木)から発売される「すだちおろしうどん」は、同社によると、9月末で販売終了を予定しているとのこと。暑くて食欲がないときでもさっぱりと食べられそうな同商品、この機会にぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→丸亀製麺マニアが注目のメニューにない『焼肉丼』が激ウマ 1杯を3度楽しむ方法

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)