軽井沢で撮影された「ムササビ横断注意」の標識 ユルすぎるデザインが話題に

軽井沢の山道で撮影された「ムササビ注意」の標識がネットで話題に。じつは今年1月にも…。

2022/03/26 04:00

道路にある標識は交通の安全を確保するためにあり、矢印や人をかたどったイラストなど、さまざまなデザインのものが存在する。そんな中ツイッター上では、あまりにもかわいすぎる「標識」が話題になっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】こんな標識あるの?



 

■山道に現れたのは…

看板

「なにこのクッソ可愛い看板」とコメント添え、雪が積もる山道での一枚を投稿したのは、ツイッターユーザーのしもんさん。そこにはなんと、「ムササビ横断注意(夜間)」という標識が…。黄色と黒がベースのなんともかわいらしいデザインとなっている。

ムササビは、リス科ムササビ属に属する哺乳類で主に本州・四国・九州に生息。体長は30~45cmと小柄ながら、飛膜を広げることでグライダーのように120m以上の滑空ができるのだ。ちなみに標識の通り、夜行性だそう。


関連記事:秋葉原の横断歩道、突如ギョッとしだす人々続出 日本一優しい「標識」が話題に

 

■キュートなデザインに大盛り上がり

しもんさんの投稿にネットでは、「やだ! なにこれかわいい」「こ、これは萌え…」「ほっこりする」「こんなの見たことない!」といった声が多数上がっており、キュートなデザインの標識に大盛り上がり。

他には、「これは是非とも実物を見て見たい」「横断されたい」「僕の顔に飛び込んできてほしい」など、ムササビに遭遇したいという人の声も多く見られた。

ムササビの指人形【Amazon】

次ページ
■軽井沢に設置されている標識
動物看板長野県軽井沢標識ムササビ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング