武井壮、苦難も子供の頃に比べれば“正直楽勝” 「贅沢な心になったなあ」

苦難の子供時代を過ごした武井壮。「子供の頃に比べたら正直楽勝」と、苦難に立ち向かうときに励みにしていることを明かした。


 

■逆境の時代が未来の力に

武井の投稿に「あることが難しいで“ありがたい”ですからね」「なんだか響きます。そうですね」と共感の声が寄せられた。

また「私も小学生のころ、親がいなくてご飯がなく、台所を漁ってパン粉やお麩を食べて過ごしてた時期があります!」「公園の水道が飲み水、スーパーの廃棄弁当だけがお昼の大学時代を思い出した」と、苦境の生活を送った時代のあるファンも。

そうした人も逆境のはねのけたからこそ「おれも最悪を知っているので、がんばれます!」「その時代があるから今の自分がある」と今を頑張るための力になっているようだ。


関連記事:武井壮、親子でYouTubeライブを実現 「いい思い出になるといいなあ」

 

■苦難の子供時代を胸に秘め

・合わせて読みたい→武井壮、父のケア施設入所を報告 「良かったあ、って喜んでました」

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

武井壮『勝つ人 13人のアスリートたち』【Amazonでチェック】

離婚ツイッター武井壮子供時代心構え
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング