ハードオフ、吉幾三すぎるジャンクPCを販売してしまう 「動作確認」をよく見ると…

無数のジャンク品の中から思わぬ「掘り出し物」を発見するのがハードオフ・ドリーム。ときには店側がノリノリになってしまう事態も…。

2022/05/24 16:45

ハードオフの魅力のひとつと言えるのが、店頭にズラリ並んだジャンク品の数々。思わぬ掘り出し物に出会えるケースも珍しくなく、今日も全国各地のユーザーが「ハードオフ・ドリーム」を目指して店舗を行脚しているのだ。

なお、ときにはノリノリすぎる店舗が発見されることもあるようで…。

【話題のツイート】それにしてもこの店、ノリノリである


画像をもっと見る

 

■IKZO? IKZOじゃないか!

今回注目したいのは、ツイッターユーザー・サテラーのPC工廠さんが投稿した一件のツイート。

投稿には「このハードオフ好き」とだけ綴られており、同ツイートおよび続くツイートには、ハードオフ店頭商品に貼られた「ジャンク品」説明書きの写真が多数添えられているものの…どうも様子がおかしい。

ハードオフ アクロスプラザ山梨店

たとえば品名が「ノートパソコン」となっている商品にメーカー名や型番が表記されているのはいたって普通なのだが、動作確認の項目には「メモリもねぇ ディスク(HDD)もねぇ ついでのおまけにアダプタねぇ 動作はねぇ未確認! オラの頭んなかぐーるぐる」と、どこかで聴いたことのあるフレーズを用いた「ノリノリすぎる説明文」が確認できたのだ。


関連記事:ハードオフに出現したゲーミングPC、何かがおかしい 「まだ動くのか…」と衝撃走る

 

■その他「動作確認」も曲者揃い…

ハードオフ アクロスプラザ山梨店

こちらのPC一件だけであれば特に気にすることもなかったと思うが、その他商品の動作確認を見ると「プリンター」には「電源入り、チェック印刷しましたが印字されず白紙でした。僕の黒歴史も白紙にしたいくらいです」と、担当者の心の声がポロリ。

ハードオフ アクロスプラザ山梨店

さらに「スピーカーユニット」に対しては「モニタースピーカーのユニットです。低音を上げると少しビビります。つまり、チキンっすね」という、イキりたおしたコメントが。

ハードオフ アクロスプラザ山梨店

極め付けは「カーオーディオ」で、「電源入り、音楽聴けましたが、多少の振動には耐えるのですが、店長渾身の振動には耐えられず音飛びしました」と、どこから突っ込んでいいか分からない説明が記されていた。

果たして、件のハードオフ店舗ではいったい何が起こっているのか、そして店長のマグニチュードはいかほどなのか…。同店舗に直撃取材を敢行したところ、衝撃の事実が明らかになったのだ。

次ページ
■じつは担当のスタッフは…

俺ら東京さ行くだ!【Amazon】

ツイッター話題リサイクル中古リユースハードオフジャンク品
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング