昼間のネカフェが満室で… 快活CLUBがまさかの「進化」を遂げていた

コロナ禍でテレワーク需要が増えたネットカフェ。快活CLUBでは「異変」が…。

2022/06/09 09:25


 


 

■「ウェブカメラも貸し出し」

「ネカフェ=汚い」というイメージはもう古い。快活CLUBも、清潔感のある店舗が多いのだ。

快活CLUB

6月初旬、東京・新宿にある新宿西口2号店に足を運んで驚いた。近くにスタッフはいるが、受付は自動になっていて人とのやりとりが少ない。

快活クラブ

快活クラブ

店内は白を基調とし、スタイリッシュだ。快活CLUBは18年から鍵付き個室を導入し、現在505店舗中315店舗に鍵付き個室が入っている。

快活クラブ

快活クラブ

きれいな個室が並び、ネカフェというよりビジネスホテルのよう。リモートワークへの対応も万全で…。

「オフィス以外で仕事をしたいお客様に向けたサービスを始めました。ウェブカメラを無料で貸し出ししたり、AWS(AOKI WORK SPACE)と連携を図ってAOKIと同じ会員カードでも利用できるようになりました。また、試験段階ではありますが、一部の店舗でパソコンなしの個室も導入しています。リモートワークでご利用になるお客様はご自身でノートパソコンを持参されることが多いので、備え付けのパソコンがご不要になるためです」(前出・快活フロンティア広報担当者)。

ほかのネットカフェだと通話禁止のところもあり、話していると注意を受けることがある。気兼ねなくZOOM等で打ち合わせできるところも、昼間の需要が増えた要因かもしれない。

快活クラブ

快活クラブ


関連記事:ニュージーランド首相をキウイブラザーズが歓迎 「物悲しいダンス」と海外でも話題

 

 

■席構成が変化する可能性も

コロナを機に世の中は一転した。前出の快活フロンティア広報担当者は、今後はそうした時代の変化に対応していくと語る。

「コロナ前は夜間に利用されるお客様が多かったため、横になれるフラット席の需要が高く、席構成もフラット席と椅子のあるリクライニング席の割合は7:3くらいでした。現在はリクライニング席を増やす店舗も増えていますし、今後は席構成も変化するかもしれません。また、21年12月から利用レシートの店名を快活CLUBかAOKI WORK SPACEか選べるサービスを導入し、現在は全店舗で利用することができます」(前出・快活フロンティア広報担当者)。

仕事で利用しても「漫画やネットをする場所」というイメージの強い領収書を会社に提出するのをためらっていた人にとってうれしいサービスだ。

めざましい「進化」を遂げていた快活CLUB。昼間に仕事で利用したら新たな発見があるかもしれない。

・合わせて読みたい→電車やバスの利用時に… 約半数が「できるだけ座らない」と答えた席に納得

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

疲れないワーキングチェア【Amazonでチェック】

サラリーマンネットカフェ漫画喫茶テレワーク快活CLUB
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ