舛添要一氏、子供へのコロナワクチン接種に持論を展開 「促進すべきだ」

舛添要一氏が、自身のデータを用いて子供へのワクチン接種について提言した。

2022/07/30 11:45

舛添要一

第一次安倍政権で厚生労働大臣を務めた舛添要一前東京都知事が30日、自身の公式ツイッターを更新。ワクチン接種について持論を展開した。

【ツイート】舛添氏「子供へのワクチン接種を促進すべき」



 

■政府の認識に指摘

舛添氏はツイッターで、「コロナ対応、現場の医師と政府や尾身会長とは、大きな認識のズレがある。抗原検査キットの配布を決めただけで、手順も不明である」と、政府の認識や対応について指摘した。

「また、ワクチンもオミクロン株対応のものに変えていない。これでは効果が薄れる」「若者、子供への接種も進んでいない」と、ワクチンについても言及した。


関連記事:舛添要一氏、コロナに対応する専門家の言動を批判 感染拡大の原因に持論

 

■子供へのワクチン接種に持論

舛添氏は続けてツイートを投稿。「今の爆発的コロナ感染拡大を防ぐには、子供へのワクチン接種(量は大人より少なくてよい)を促進すべきだ。子供・若者が感染者の主流で、それが親に感染させている」と、子供へのワクチン接種について持論を展開。

「5〜11歳は、1回目が19.6%、2回目が18.1%しか接種していない」と、接種状況について自身が持っているデータを伝えた。

舛添要一『孫文 ──その指導者の資質』【Amazonでチェック】

次ページ
■ワクチンについて言及
ツイッター政府医師舛添要一ワクチン感染拡大コロナ対応オミクロン株
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング