親離れできていない人が約4割 異性との付き合いや結婚に影響することも…

大人になっても親に依存した生活を送っている「親離れ」ができない人は、それが原因で異性とうまくいかないことも…。

2022/08/07 06:00


 

■家事はほとんど母親まかせ

編集部が話を聞いた20代の女性は、「私は1度も家を出て生活したことがなく、食事の準備も洗濯も母がやってくれています。家族の仲もいいし、まだしばらくこのままでいいかな…」と、なんでも親にやってもらえる快適な生活から抜け出せずにいるようだ。

家事や炊事、生活の中でのいろいろな決め事を親に任せている状態を快適に感じ、抜け出せないという人は多いのかもしれない。なかには、幼少期から親がなんでもやってあげていた、いわゆる「過干渉」だったことにより、自主性の芽が摘まれてしまったというケースもあるのかもしれないが…。


関連記事:約4割の人が今でも親に根を持っている体験とは 「八つ当たりをされて…」

 

■異性との付き合いにも影響が

あまりにも親子の関係が密だと、異性との付き合いに影響が出ることも…。

30代の男性は自身の友人について、「昔から母親と仲がいいなとは思っていたのですが、友人が彼女よりも母親を優先するので怒らせてしまったようです。本人は母親を大事にしない人とは付き合えないと開き直っていますが…」と、心配そうに語った。

親とはいつまでも一緒にいられない。パートナーや友人のいない寂しい人生を送らずにすむように、適度に自立した生活を送るよう心掛けていきたいものだ。

・合わせて読みたい→約1割の人が家族からされたスマホにまつわること 「心配性の妻が…」

(取材・文/Sirabee 編集部・ゆきのすけ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2022年6月11日~2022年6月21日
対象:全国10代~60代男女1,711名 (有効回答数)

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

調査話題親離れ子離れ自立
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング