本田圭佑選手、日大アメフト問題に持論も「残念なコメント」の声が相次ぐ

日大の悪質タックル問題について、サッカー日本代表の本田圭佑選手が持論を展開して話題に。

本田圭佑
(画像は本田圭佑公式ツイッターのスクリーンショット)

しらべぇ既報のとおり、日本大学の宮川泰介選手の悪質タックル問題が話題だ。日大広報部も「つぶせ」という発言について言葉の認識の違いがあったとコメントし、さらなる騒動を招く結果となった。

このことについて、サッカー日本代表の本田圭佑選手が23日、自身のツイッターで持論を展開して話題になっている。


 

■「責め続ける人の神経が理解できない」

本田選手は一連の騒動に「監督も悪いし、選手も悪い。傷つけられた選手は生死に繋がるような怪我でなくて何より」と日大や宮川選手の両者に問題があったとコメント。

しかし、責任を問う声や報道については「ただ毎日寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」と疑問のよう。

さらに「あのタックルは罪だし究明もすればいい。ただこのニュースにいつまでも過剰に責め続ける人の神経が理解できないし、その人のほうが罪は重い」と責任を問うような批判の声や報道について苦言を呈した。


関連記事:張本勲氏、日大アメフト部に歴史観を交えて大激怒 「大和民族がやることじゃない」

 

■「自分が正義とか勘違いしてる?」

投稿を受け、ネット上では本田選手の持論に同調する声があがった。騒動そのものは許せない問題ではあるものの、寄ってたかって責任を追及する流れに違和感を抱いている人は多いようだ。

・これは本田が正しい。世間が俺らが叩かなければ明るみに出なかったとか偉そうなこと言ってる奴らがいるが、自分が正義とか勘違いしてる?

・本当にそうだと思います。もっと取り上げないといけないニュースがあるのは誰しもわかっているはず

・これよりももっと追及すべきことが世界には山ほどありますからね。ガラパゴスと言われるのも無理はないです

■「本田選手がこんなことを言うなんて」

しかし一方で、本田選手の持論に異を唱える声も。世界で活躍し、発言に影響力がある本田選手が、問題を見て見ぬふりするような発言は不適切といった指摘が寄せられている。

・もしあなたが世界中の子どもたちが楽しんでスポーツをする事を目指すなら、むしろ、こういう問題からは絶対に目をそらしてはいけないし、見て見ぬふりをしてはいけない。あなたは影響力があるのだから、積極的にこの問題に言及するべきだ

・スポーツにとってあってはならない事件であり、スポーツというものの根幹を揺るがす事件であるという認識が、あなたにないのがとても残念です

・日大はまだ選手が誤解したと言い張っている ここが解決されない以上、この問題の本質には届いていない 本田選手がこんなことを言うなんて……正義感のある熱い人だと思ってましたよ

タレントの武井壮は、自身のツイッターで「大人のくだらねえ権威争いとか保身の為に子供達を扱うもんじゃねえだろうよ」と熱い思いを訴えているが、ファンとしては本田選手にも熱く語ってほしかったのではないだろうか。

・合わせて読みたい→日大OBの和田正人、アメフト部部員会見に「涙が出てきた」 母校へ苛立ちも

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ