『イッテQ』で安室奈美恵が涙 ファンの想い背負ったイモトの誠意に拍手喝采

イモトアヤコと、安室奈美恵の夢の共演が実現! お互いを想う2人の対談に、多くの視聴者が感涙。

エンタメ

2018/07/29 22:30


 

■「そのままのイモトさんであってほしい」

対談のラストでは、これまで安室の存在を心の支えにしてきたイモトが、今後もモチベーションを維持できるのか、という議題があがる。

すると、イモトよりも安室が「きっと大丈夫です、イモトさんなら。そのままのイモトさんであってほしい」とイモトに語りかける。

イモトは、「わからないけど…頑張らないと、安室ちゃんが悲しむ」と、これからも変わらず仕事に臨むことを決意。

対談を終えたイモトは、大粒の涙を流しながら「32年間生きてきて、今日ほど嬉しい日はありません」と、言葉に出来ない喜びをあらわにしていた。


関連記事:『バイキング』坂上忍、剛力彩芽と前澤氏に苦言 「見てて気分悪い」と批判相次ぐ

 

■夢の共演に視聴者も涙「イモト、よかったね」

イモト安室の夢の共演に、多くの視聴者が涙。多くの反響が寄せられている。

大好きな「安室ちゃん」を目の前に、緊張しながら必死に感謝の想いを伝えたイモトの姿に、号泣してしまったという視聴者も少なくない。


■安室の意思とファンを気遣う言動に称賛

また、自分の一方的な感情だけでなく、引退を決意した安室の意思と、世界中の安室ファンを気遣うようなイモトの言動に、称賛の声もあがっている。

「自分だけが特別」ではなく、夢の共演を果たしてもなお、「一ファン」としての姿勢を貫き、的確な言葉を選んでいたイモト。最後には純粋な気持ちで涙を流し、歓喜する彼女の姿に「ファンの鑑」との称賛の声が目立つ。

9月16日の引退を前に、夢の共演が実現。予定を変更してまでイモトの元へ駆けつけた安室の姿は、本当に『Hero』のようである。

・合わせて読みたい→猫を飼ったヒカキンに猫好きが落胆 「保護猫を飼って」「影響力あるのに残念」

(文/しらべぇ編集部・もやこ