KEIKOさん「たくさん歌いました」 まさかの近況報告に驚きの声相次ぐ

くも膜下出血により、リハビリ療養中のglobe・KEIKOさんが、ツイッターで「カラオケに行った」ことを報告。ファンから多くの反響が寄せられている

globe
(画像はglobe20th公式Twitterのスクリーンショット)

音楽プロデューサー・小室哲哉氏の妻で、くも膜下出血によるリハビリを続けているglobe・KEIKOさんが、今月3日に自身のツイッターを更新。

「カラオケに行ってきた」との報告に、多くの喜びの声が寄せられている。


 

■「カラオケ行ってきましたぁー」

2011年10月にくも膜下出血で救急搬送され、以降アーティスト活動を休止しているKEIKOさん。

更新が途絶えていたツイッターを今年1月から再開し、1月24日にはジムで筋トレに励んでいたことを報告するなど、順調な回復を伺わせていた。

そんな彼女が、3日にもツイッターを更新。絵文字付きで「カラオケ行って来ましたぁー」と報告し、さらに「たくさん歌いました」と、元気そうな近況を伝えている。


関連記事:杉村太蔵の「スマホ学校持ち込み反対論」を『サンジャポ』出演者が嘲笑い、批判殺到

 

■「歌っている姿を想像するだけで…」

KEIKOさんのツイートに、多くのユーザーが反応。安堵の声と、彼女が「歌った」との報告に歓喜の声が書き込まれている。

「嬉しい! KEIKOちゃんが歌ってる姿を想像するだけでテンション上がりますね! KEIKOちゃん…ゆっくり、ゆっくりね」


「KCOちゃんの歌声、本当に聴きたいです!! globeの完全復活を信じて、いつまでも待ってます」


「KEIKOさんの歌声をファンはいつまでも待ってますね」


「歌を楽しめてるようで良かったです!」


globeの復活を願う声も多数寄せられている。

次ページ
■音楽への関心も復活?

あなたにオススメ