『あなたの番です』を“人を疑うことを知らない心の綺麗な女子”が観た結果

熱狂的な支持を集めつつも、2クールにわたる放送のため見逃した人も多そうな『あなたの番です』。人を疑うことを知らない心の綺麗な女子大生に観てもらって、感想を聞いていった。

エンタメ

2019/09/07 05:00

あなたの番です
(画像は『あなたの番です』公式ツイッターのスクリーンショット)

『あなたの番です』(日本テレビ系)が今週8日の放送で最終回を迎える。

2クールにわたって放送されてきた本作。SNS上では黒幕を予想する声や相次ぎ、ウェブメディアもこぞって考察記事を配信している。


 

■人を疑うことを知らない女子が観る『あな番』

マンションの住民につられるように、視聴者まで疑心暗鬼になって登場人物たちを疑ってしまう本作だが、観続けるなかで記者のなかにはある疑問が生まれた。それは「もし、心がキレイで人を疑うことを知らない人がこの作品を観たら、どう感じるのか」という気持ちだ。

というワケでこの記事では、記者が知るなかでもっとも心がキレイなAさん(20)に今までの19話を(半強制的に)観てもらい、感想を語ってもらった。ドラマっ子で『あな番』も最初からずっと観てきた記者のツッコミを挟みながら、ご覧頂きたい。

※ちなみにAさんは幼稚園から大学まで一貫の女子校に通う、れっきとした純粋培養お嬢様で、家庭の教育方針でテレビはほとんど観ないという。


関連記事:『あな番』判明した黒幕に「公式サイトの縦読み通り」の声

 

■第1~3話:交換殺人ゲーム開始

(ストーリーの流れ)蔵前のあるマンションに年の差夫婦・翔太(田中圭)と菜奈(原田知世)が引っ越してくる。菜奈は引っ越し初日にマンションの住民会に参加。しかし、なぜか「誰か1人くらい殺したい人っているよね」という話題になり、交換殺人ゲームを行なうことに。ゲームのつもりだった菜奈たちだが、マンションの管理人・床島比呂志(竹中直人)をはじめ、名前を書かれた人が次々と死んでいく。

Aさん:「誰か1人くらい殺したい人っているよね」っていう話題になるマンションってスゴいですね……私は今まで、誰かに対して殺意を持ったことがないんですが、中にはこういうマンションもあるんでしょうか。

それに、それで名前を書いてしまう住民たちが信じられないし、倫理観を疑うというか……きっと、心に闇を持つような人生を送ってきたんでしょうね。今、私は実家暮らしなんですが、もしひとり暮らしするとしても、こういうマンションは嫌ですね。私がもし父親の不動産を受け継いだとしても、管理会社にそこはきちんと見極めてほしいなと。

(記者の感想)普通の感性だと交換殺人ゲームという時点で「無理矢理感」を多少なりとも持ちそうなものの、箱入り娘ゆえ世間知らず過ぎて、本当にこういうマンションがあると普通に信じ込んでしまった。そして、「親の不動産を受け継ぐ」という発言に格差を感じる。

次ページ
■第4~6話:片脚inゴルフバッグ

この記事の画像(1枚)