新人グラドル・南里の魅力 斬新なポージングは「コスプレが活きてる」

新人グラドルの南里が初のグラビアDVDをリリース。本人にインタビューを実施し、初撮影の感想を聞いてきた。

エンタメ

2019/09/14 12:00

 

■初作品で感じたことは…

南里

そして、今回活動期間わずかながらにしてファーストグラビアDVDがリリースされる。それについての感想をを本人に尋ねると、嬉しい反面緊張するという。その理由は「演技」にあるそう。

南里:演技の難しさがやばかったですね。ほんっとにできないなって思い知らされました(笑)。「喋らずに動く」ぐらいならいけるけど、たった2,、3行のセリフとかも緊張で飛んじゃって…。


台本も自分のキャラじゃないような内容ばっかりだし、すっごい恥ずかしかった。


———逆に言えば、初めての作品からすでに「今後の課題」が見つかったとも言えるのでは。

南里:確かにそうか! でも、演技はすっごい難しかったけど、嫌いではないし逆に興味湧きました。もっと勉強したいなって思いましたね。


———前向きでいい心がけだと思います! 作品としては、初めてのウブな感じが堪能できそうですね。

南里:普段の自分とは真逆感じに仕上がっているので、そこをめっちゃ見てほしい…恥ずかしいけど(笑)。今できる最大の色気も出ているので!


関連記事:かわいすぎる現役看護師グラドル・桃月なしこ 「ナースの休日」の実態は…

 

■マルチな活動に期待

南里

———最後に今抱いている目標を教えていただけますか?

南里:まず、目標としては知名度を上げていって、撮影会の席を全部埋めたい。そのあとに、週刊誌とかに乗れるようになっていきたいです!


あと、今芸人さんと絡むお仕事とかもあって、やっぱり面白いし頭の回転が早くてすごい。そういう人にも憧れているので、バラエティにも密かに興味があります。なので、将来的にはマルチな活動を目指していきたいと思います!

・合わせて読みたい→真島なおみ、サンスポGoGoクイーンに闘志満々 「今回はコスプレを…」

(撮影・文/しらべぇ編集部・木根 大心 取材協力/南里

この記事の画像(10枚)


あなたにオススメ